ピンボールハッピー

設立趣旨・活動

設立趣旨

東京オリンピック・パラリンピック、大(da)阪万博を機に多くの日本文化(hua)関連の催しが予定されている一方、伝統や文化(hua)は未だに日常の生活から遠い存在にあり、需要低下を起因とする担い手不足が深刻(ke)な問(wen)題として存在します。

大(da)きな要因として、伝統(tong)と格(ge)式による重荷が、時代とともに進化できずに日本の伝統(tong)文(wen)化を日常的(de)に楽しむ機(ji)会の喪(sang)失(shi)に至ってしまったことが挙げられます。

今後は日(ri)本(ben)の文(wen)化をより日(ri)常的(de)に触れたり感じたりできる環境(jing)を整備し、主に若い世代が日(ri)本(ben)の文(wen)化に誇りを持って、世界と対話(hua)・交流していくことが大(da)切だと考えます。

日(ri)本の伝統(tong)文化を応援(yuan)する各界の影響力ある方々を核(he)として、各分(fen)野の企業(ye)、協会、自治体が協業(ye)し、日(ri)本の伝統(tong)文化と未来の伝統(tong)に繋がる現代の高い技術(shu)やアートワークの持続可能な発(fa)展の仕組みを構築・確(que)立(li)するため、一般社団法(fa)人日(ri)本和文化振興プロジェクトを設立(li)いたします。

活動

一般社(she)団(tuan)法人(ren)日本(ben)和文化振興プロジェクトは以下の2つの活動を実施します。

アワードイベント「日本和文化グランプリ」の開催

和文(wen)化に携わる国内の企(qi)業・団体(ti)・個人(国籍居住(zhu)地(di)問わず)を対象に、日本が誇る優れた作品(プロダクト)を顕彰するアワードイベント。受賞(shang)者に対して需(xu)要(yao)が拡がる為(wei)のフォローに具体(ti)的(de)にコミットし、和文(wen)化の担い手の持(chi)続(xu)的(de)な活動(dong)を継続(xu)してサポートします。

日本和文化グランプリの特徴(zheng)

・該当業界内の序列や慣習に縛られない選考
・和文化の次世代の担い手である職人・アーティストにスポットを充てる
・選考されたものが実際に認知(zhi)され、受賞者(zhe)の飛(fei)躍に繋がる仕組みづくりの構築

上記に関連するセミナー・交流会の実施

和文化に関する著名人(ren)や職人(ren)、アーティスト等を招(zhao)いたセミナーや、関連(lian)業界を巻き込んだ交流会を実施します。